「赤毛のアン」のクリスマスエピソードと言えば、はにかみ屋のマシュウがアンに贈る”ふくらんだ袖のドレス”!女の子が大の苦手のマシュウが悪戦苦闘しながら愛するアンのためにクリスマスプレゼントを用意する場面が印象的です。そんな心温まる物語を読み返しながら、銀世界のグリーンゲイブルズに思いを馳せてみませんか?
 

スポンサーリンク

「赤毛のアン」クリスマスのエピソード

もみの木

赤毛のアンに描かれたクリスマスのエピソードをご紹介します。※「赤毛のアン」第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)より

12月のある寒い夕暮れ。グリーンゲイブルズではアンと同級生たちがクリスマス劇「妖精の女王」の練習に励んでいます。女の子たちが来ていることを知らずに帰宅したマシュウは、薪箱の隅に腰をおろし、靴を脱ごうとしています。そこへ女の子たちがやってきたからさあ大変。女の子が大の苦手のマシュウは、こそこそと部屋の隅に隠れてしまいます。

楽しそうにおしゃべりしているアンたちを、物陰からそっと見守るマシュウ。その時、突然マシュウはアンがどこかほかの女の子たちと違っていることに気づきます。女の子たちが帰った後も、そのことが頭から離れません。そして一心に考えたあげく、ようやくアンの身なりがほかの子たちと違っていることに気づいたのです。

幸か不幸か、洋服に流行などというものがあろうとはマシュウは知らなかったが、何にしてもアンのスリーブがほかの少女たちとはちがっていることだけは見てとった。

赤毛のアンの第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)

みんな華やかな服を着ているのに、どうしてマリラはいつもアンにあんなに地味なかっこうをさせておくのだろう?それはそれでいいにちがいないが、一つぐらいきれいな服をこしらえてやってもわるいことはあるまい…。そう考えたマシュウは、マリラには内緒で新しい服をこしらえてやろうと決心します。でも、マリラに話してみるわけにはいかない、きっと鼻先であざ笑うに違いないとマシュウは思います。

クリスマスまで二週間。その翌日、さっそくマシュウはカーモディの町へ服を買いに出かけるのですが、運が悪いことに女性店員に接客され、しどろもどろになってしまいます。結局、用件を言い出せず、熊手やら乾草の種やら黒砂糖やら余計な物ばかり買ってしまうのでした。

悩みぬいたマシュウはアボンリー中でただひとり意見が聞けるレイチェル・リンド夫人を訪ねます。気のいいリンド夫人は、マシュウの頼みごとを喜んで引き受けます。

「アンには上品な濃い茶色が似合うと思うんですよ。(中略)ようござんすとも。わたしがこしらえます。」
「それから…そのう…わしは、そのう…袖を新流行でやっておもらい申したいんですが」
「ふくらますんでしょう、よござんす。ご心配にゃおよびませんですよ。最新流行の型に仕立てますからね」

赤毛のアンの第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)

それからの二週間というもの、一人でニヤニヤしているマシュウを見てマリラは何かあるなと勘ぐっていましたが、いっこうに見当がつきません。そして、クリスマスイブの日、リンド夫人が新しい服を持ってきた時、ようやくマシュウの企てに気づくのでした。

スポンサーリンク

クリスマスの贈り物

クリスマスの朝、グリーンゲイブルズの外は真っ白な銀世界・・・。

「クリスマスおめでとう、マリラ!クリスマスおめでとう、マシュウ小父さん!」

マシュウはおずおずと包みから服を取りだし差しだします。

「これがお前へのクリスマスの贈り物だよ、アン」

それは、アンが憧れていたパフスリーブドレス!茶色のグロリア絹地の大きなふくらんだ袖が付いていました。感激のあまり、アンの目から涙があふれます。

「マシュウ小父さん!こんなにすばらしいのってないわ。ああ、どんなにお礼を言っても、言いたりないわ。まあ、この袖を見てごらんなさい。あんまりうれしくて夢の中にいるようだわ」

赤毛のアンの第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)

クリスマスのコンサート

クリスマスの夜、アンは同窓生たちと公会堂で行われるクリスマスコンサートに出演します。超満員の会場で、アンは詩の暗誦を見事にやってのけ、われるような拍手を浴びますが、終わった後、「緊張して何も口から出ないと思った」とダイアナに話します。
  

「おお、あたし、すっかりあがっちゃったのよ。(中略)そのときにね、あのきれいな、ふくらんだスリーブのことを思い出したら勇気が出たのよ。あの袖のために、どうしてもやりぬかなくてはと思ったのよ、ダイアナ」

赤毛のアンの第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)

ダイアナはアンの暗誦が素晴らしかったと賞賛した後、その時、アンが落とした髪飾りの薔薇をギルバートが拾って自分の胸ポケットにしまったのを見たと告げます。でも、アンは素っ気ない返事をするだけでした。

その夜、二十年ぶりに音楽会に出かけたマリラとマシュウの喜びはひとしお。アンが寝た後も、アンの成長を誇らしく思う二人はしみじみと語り合います。

「そうさな、うちのアンはだれにも負けないほどに、やってのけたよ」とマシュウはじまんそうに言った。
「そうですよ。あの子はりこう者ですよ、マシュウ」

赤毛のアンの第25章「マシュウとふくらんだ袖」(村岡花子訳 新潮文庫)


もうすぐ十三歳になるアン。マシュウとマリラは、クリスマスコンサートの舞台↑で立派に成長した姿を見て、将来はクイーン学院に行かせてやらねばならないと、アンの将来について語り合うのでした。

アンの時代のクリスマス

「赤毛のアン」には、大切な人に贈り物をしたり、公会堂でクリスマスコンサートを開く様子などが描かれていますが、教会のミサに行くエピソードなどはありません。松本侑子さんの「赤毛のアンへの旅」によれば、それはマシュウとマリラが長老派の熱心な信者だったことが大きく影響しているようです。その昔、長老派教会はクリスマスを禁止していた歴史があったのです。「赤毛のアン」の作者モンゴメリ自身も長老派の家庭に育ち、子ども時代の日記にもクリスマスに特別なことをしたという記述はないそうです。

グリーンゲイブルズの一家が信仰する長老派は、16世紀にクリスマスを禁止した歴史があり、「赤毛のアン」の背景となる19世紀末になっても、教会として積極的にクリスマスを祝うことはなかったのです。

「赤毛のアンへの旅」松本侑子(NHK出版)

長老派の教義が禁欲的だったと聞けば、アンに飾り気のない服を着せたり、パフスリーブドレスを虚栄だとして認めないマリラの気持ちもわかるような気がします。

現在では、長老派もクリスマスを禁止していないそうですが、少なくともアンの時代はごちそうを食べたりお酒を飲んだりする日ではなく、「大切な人に真心を贈る隣人愛の日」だったようです。

最後に

「赤毛のアン」のクリスマスエピソード、いかがでしたか?クリスマス・イブの朝、マシュウから「ふくらんだ袖のドレス」を贈られ大感激するアンの姿は何度読んでも心温まる場面です。クリスマスは大切な人に思いを伝える素敵な習慣ですね。私たちも幸せなクリスマスを過ごすために、そろそろプレゼントの準備を始めましょうか・・・。

スポンサーリンク