プリンスエドワード島にあるシャーロットタウンのおすすめ観光スポットをご紹介します。「赤毛のアン」の作者モンゴメリが学生時代を過ごしたシャーロットタウンは、物語の中ではアンが通ったクイーン学院のある町として描かれています。アングッズが豊富に揃うお土産ショップやアンのミュージカルが上演される劇場など、アンファンには見逃せないエリアです。今回は現地で撮影した写真と共に、絶対はずせないアンゆかりの観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

プリンスエドワードのおすすめ観光スポット

プリンスエドワード島のおすすめ観光スポットは、ずばりシャーロットタウンです。島内最大の中心都市シャーロットタウンには十九世紀の美しい建物が建ち並び、まるで小説「赤毛のアン」の世界に紛れ込んだかのようです。

シャーロットタウンには宿泊施設や買い物スポットなども多く、赤毛のアンやモンゴメリゆかりの場所を巡る旅行者にとっては見逃せないエリアです。街の中心地にあるクイーンストリート( Queen`s Street)には、 アングッズ専門店 「アン オブ グリーン ゲイブルス ストア(The Anne of Green Gables Store)」や チョコレート専門店 「 アン オブ グリーン ゲイブルズ チョコレート (Anne of Green Gables Chocolates)」など、お土産選びに欠かせないお店が目白押しです。

シャーロットタウンの観光スポット

セントダンスタンス教会

シャーロットタウンにあるセントダンスタンス教会は、モンゴメリが学生時代に通った長老派教会です。中に入ると美しいステンドグラスがありました。荘厳な雰囲気の中で、かつてモンゴメリは何を祈ったのでしょうか?

カナダ建国の父 ジョン・A・マクドナルド

シャーロットタウンでカナダ建国の父 ジョン・A・マクドナルドを発見!
Anne of Green Gables Store(アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・ストア)の前のベンチに、初代カナダ首相のジョン・A・マクドナルドが座っています。「ちょっとひと休みしない?」と語りかけているみたいで、親しみやすいお人柄を感じます。絶好の撮影スポットなので横に座って写真をパチリ。いい記念になりました。

「さるカナダの首相が遊説旅行のコースのなかにプリンス・エドワード島を加えたことが、グリン・ゲイブルズの少女アン・シャーリーの運命にたいした、いや、何ら関係をおよぼすはずはないと思えるだろう。ところが、そうではなかったのだ」

赤毛のアンより

コンフェデレーションセンター

シャーロットタウンのコンフェデレーションセンターでは、毎年、夏になると大人気のミュージカル「アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ」が上演されます。日本からも旅行会社を通じて事前に手配できますが、 私たちが訪れたのは5月だったので、残念ながら赤毛のアンのミュージカルは上演されていませんでした。

シャーロットタウンの劇場 『The Guild』

シャーロットタウンにある『The Guild』は、ミュージカル「アン&ギルバート」 が上演されている小劇場です。 生演奏の音楽に合わせて 歌あり踊りありの舞台が楽しめます。役者さんたちの演技を目の前で鑑賞できるのは小さい劇場ならではの魅力です。地下の売店で購入したワインを飲みながら観劇する人もいましたよ。 地下1階にあるフリースペースには絵画が展示されていました。

住所: 111 Queen St, Charlottetown, PE C1A 4B3

電話: 902-620-3333

スポンサーリンク

シャーロットタウンのお土産屋さん

シャーロットタウンには、アン・グッズが買えるいろいろなお土産屋さんもあります。アン・グッズの専門店 Anne of Green Gables Storeや、
チョコレート専門店 Anne of Green Gables Chocolatesなど、
アンの島ならではのおいしいお菓子や可愛い小物が見つかりますよ 。

アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・ストア

Anne of Green Gables Store(アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・ストア)は、アン・グッズの専門店 です。このお店は、かつてモンゴメリが学生時代に通った雑貨店!現在はアンの人形やイラスト入りの食器や小物など、物語をモチーフにしたオフィシャルグッズがたくさんあります。

住所:110 Queen St., Charlottetown Pronce Edward Island

電話:902-368-2663

アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・チョコレート

Anne of Green Gables Chocolates(アン・オブ・グリーン・ゲイブルズ・チョコレート)は、チョコレート専門店。麦わら帽子をかぶった後ろ姿のアンが描かれている看板が目印です。人気のポテトチップチョコをはじめ様々な種類のチョコレートが揃っています。赤毛のアンのイラスト付きパッケージは、プリンスエドワード島のお土産に最適ですよ。

住所:100 Queen St, Charlottetown, Prince Edward Island C1A 4B1, Canada

電話:902-368-3131

アイスクリームショップ『カウズ』

Cows Creameryカウズ)は、プリンスエドワード島生まれのアイスクリームショップ。新鮮なミルクを使ったアイスクリームは絶品でした。種類が豊富なのでいろいろな味を味わってみたかったのですが、1個でも食べきれないくらい大きいので、泣く泣くシングルにしました。店内には様々なカウズグッズもあり、アイスクリームだけでなく、お土産探しにも楽しいお店です。

『赤毛のアン』の物語の中で、アンがピクニックに行き、初めてアイスクリームを食べるシーンが出てきますが、夢にまで見たアイスクリームの味は「 言語を絶したもの、全く崇高なものね 」とマリラに語っています。興奮するアンの姿を思い出しながら、プリンスエドワード島ならではのスイーツを堪能しました。

住所:397 Capital Dr, Charlottetown, Prince Edward Island C1E 2E2, Canada

電話:902-628-631

Cows Creamery

シャーロットタウンのカフェ&レストラン

シャーロットタウンには、おいしい食事が楽しめるおしゃれなカフェやレストランもあります。メニュー選びに迷ったら、島の名産シーフードやポテトを使った料理がおすすめです。

カフェ 『カサ・ミア』


レストラン『マーチャントマン・パブ』

『赤毛のアン』シャーロットタウンのエピソード

アンが初めてシャーロットタウンを訪れたのは、『ぶなの木屋敷』に招待された時でした。ダイアナの大叔母であるジョセフィン・バーリーの豪邸に泊まり、共進会や音楽学校のコンサートなどに連れて行ってもらったアンは、「一分一秒をも楽しみました」と大感激します。

マリラがアンを町へ行かせることに同意したので、つぎの火曜日にバーリー氏が少女たちを連れて行くことになった。シャーロットタウンまでは、三十マイルもあるうえにバーリー氏はその日のうちに帰ってきたかったので、朝早く出発しなければならなかった。しかしそれさえアンはうれしく、火曜日の朝は日の出まえに起きた。

赤毛のアン 第二十九章

アンの憧れの街・シャーロットタウンは、当時の面影を残しつつ訪れる人たちを楽しませてくれる魅力あふれるエリアです。プリンスエドワード島のお土産選びに最適なお店や散策にぴったりのお屋敷街など様々な観光スポットを巡りながら、アンの世界を心ゆくまでお楽しみくださいね。

◆関連記事 グリーンゲイブルズを訪ねて プリンスエドワード島旅行記

スポンサーリンク